いよいよ終盤となってきました

ここからはメインとなるデッキ材を並べていきます。

ここでのポイントは一枚一枚の性質を見極めるのが重要でした。並べてしまえば大した事ではないのかもしれませんが、仕上がりに影響してしまいますので先ずは仮並べからスタートです

御施主様に長く使っていただく事を第一に行ってまいります

余談ですが、ここの工事を行う前、横浜にある大桟橋へ行きました。理由として同じ様な材料を使って施工されてあった記憶があり、経年劣化の変化を見てきました

形、フォルム、施工内容はバツグンでしたが一つ気になったのが、デッキ材をとめてあるビスです。

いくつも浮いているのが気になりました

それを踏まえ対策を練って工事を進めて参ります

仮並べビスの浮き上がり防止で座彫り帯板も廻りグルっと取り付け