アルミサッシの周りに飾りのモールを付け、同じ色だと面白くないので分けて白で塗っていきます。

モール部分、大きい面にはローラーで色付け茶色のタイルとの境は、ハケ塗りで仕上げていきます。

簡単そうで難しく、モールの塗装だけで一日かかります。色の境をどうやってキレイに直線をだしながら色を置いてくるかが、職人の腕の見せ所です。

それに伴い、物置解体していきます

新しく設置する物置の仕様は物置と自転車置き場を兼ね備えた物にしました。自転車の出し入れしやすい様、上物から基礎まで解体していきます。

プレハブみたいな物置本体は簡単に解体できました。基礎はしっかりと厚く打ってあり解体には一苦労です。

今回、一坪ほどの物置に廃棄物として出たコンクリートガラと土、しめて2トン以上!

量はないのに重さにビックリです